maoeの日記

2008-06-16

Re: Haskellって

00:59

http://jtpa.g.hatena.ne.jp/kany1120/20080615/p1

トラックバックをもらってもメール送信しない設定になっていて、気がつきませんでした。すみません。

僕の観測範囲では、現状でHaskellユーザは次のように分類できると思われます。

日本では後者が目立ち、トイプログラムを書いている人たちが少数います。実用的なプログラムを書ける人は世界的に見ても少数でしょう。HaskellCPANに当たるHackageを見ても、コミッタはわずか230人弱と、かなり小さいコミュニティです。従って、本はあまり売れない気がします。

少ない需要元の一人としては、日本語で書かれたHaskell入門書はすでにいくつかあるので、その後のステップアップ本として

などが邦訳されるととても嬉しいのですが、入門書より極めて需要が少ないことが容易に予想できます。> id:kany1120

追記

ちなみに、「本はあまり売れない気がします」などと豪語していますが、そもそもこの分野の本がどのくらい売れるもので、どの程度で売れたといえるのかなど、基本的な知識がないので、完全に無責任な発言です。

追記 #2

上に上げた3つの本は売れるとしたら上から順でしょう。

追記 #3

そういえば、Haskell歴史コミュニティを知りたかったら、初めてだとちょっと難しいですが、A History of Haskell: being lazy with classをどうぞ。

ここに書いたのの初めて

01:14

だ。こっそりさんが多いと見受けられる。

kany1120kany11202008/06/17 08:31朝から勉強になった!
層が研究者+愛好家っていうのは、目論見通り、かなり面白い線。
が、230人は確かに小さい。ざっくり言って、300〜500部確実にいけるならgoサイン、1000部売れれば万歳。部数が少ないとそれに比例して値段が上がります。

関数型プログラミングに枠を広げて、リサーチ継続します。どうもありがとう!

maoemaoe2008/06/18 01:31ScalaあたりだとJava方面の人も取り込めるので、もう少しパイは大きいかもしれません。